イーサの次はコレ!?環境にやさしい仮想通貨ヘデラ(HBAR)とは

投資

ヘデラ・ハッシュグラフとは?

ビットコインが環境に良くないと問題視されていますよね

HBARは、決済に必要な電力量が少なく環境にやさしと注目されています

イーサの次に来るのはヘデラかもし知れません

まだ注目が集まっていない今から注目しておくのもアリですよね

決済に必要な電力量を計測
1取引処理が環境に与える影響を車のCO2排出量に換算

ビットコインは2500km
イーサリアムは300km
VISAカードでの決済は4m
ヘデラは50cm

本命 イーサ
大穴 ヘデラ

ヘデラは決済スピードも早く手数料も安価らしい
出るか?イーロン砲

— のぼる@「すぐやる」おじさん (@noboru59631) May 16, 2021

#へデラ の運営審議会メンバーである @Google が、@SpaceX とのパートナーシップを締結。これにより、データやクラウドサービス、そしてアプリケーションの最先端での提供が可能になりました。

南極を含むすべての大陸(加えて、もしかすると月)にノードの配置が可能になるかもしれません 🛰

— ヘデラ・ハッシュグラフ公式 (@hederajapan) May 14, 2021

ヘデラ・ハッシュグラフのコンセプト

PoW(プループ・オブ・ワーク)を利用しないことで、高速で低コストを実現する

次世代のブロックチェーンです。

PoWのデメリットはマイニングによる大量の電力消費です。

ヘデラ・ハッシュグラフについての解説動画です

3)ヘデラ・ハッシュグラフの歩み

ヘデラ・ハッシュグラフの仕組み

DAGを利用することで、ブロックチェーンと「中央集権的」になります、しかしマイニングによる承認作業が不要なため、高速で低コストを実現しています

へデラハッシュグラフの性能がこちらです。
  • 送金スピード3〜5秒

  • 送金コスト0.0001ドル

  • 処理速度10,000件以上
  • ヘデラハッシュグラフは、「ヘデラ運営評議会」という団体が運営しています。

    評議会参加企業の一部

    • 「グーグル」
    • 「IBM」
    • 「ボーイング」
    • 「TATA Communications」
    • 「野村ホールディングス」
    • 「LG」

    大企業が参入し勢力を拡大中です。

    環境問題にも対応し、取引スピードが速く、手数料(GAS代)も安価です。

    イーサリアムが分散型アプリケーションで成功していますが、GAS代の高騰、送金スピードなどの課題もあります。

    ヘデラ・ハッシュグラフは、実用性と将来性では、イーサリアム以上かもしれません

    ヘデラ・ハッシュグラフの購入方法

    1. 日本の仮想通貨取引所の口座を開設する
    2. Binance(海外のヘデラハッシュグラフが上場している取引所)の口座を開設
    3. 日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入
    4. Binanceへ送金
    5. Binanceでヘデラハッシュグラフをビットコインで購入

    Binanceにこちらから登録すれば手数料が10%OFFで利用できるようになります。

    Binance(バイナンス)公式サイトはこちらから 日本語にも対応しています。

    バイナンスは日本円で購入ができません。CoinCheckでビットコインを購入しバイナンスへ送金してください

    日本の仮想通貨取引所の口座を開設する

    Coincheckで口座を開設する

    本人認証に2~5日程度掛かるので、口座を開設していない方はコチラで開設してください。

    Binanceで口座を開設する

    Binanceにこちらから登録すれば手数料が10%OFFで利用できるようになります。

    Binance(バイナンス)公式サイトはこちらから 日本語にも対応しています。

    詳しい手順をDeFiの始め方で説明しています。Binanceの口座開設から送金方法まで説明

    日本の仮想通貨取引所でビットコインを購入

    ビットコインは小数点以下で購入できるため、数百円から購入できます。

    積み立て機能もあるため、価格の上下が激しい仮想通貨には適していると思います。

    ドルコスト平均法(一定額を定期的に購入することで、価格が上昇したときは、少なく、下落したときには、多く購入できるので、リスクを分散できる)

    Binanceへ送金

    バイナンスで口座開設が終わったら、日本の仮想通貨取引所からバイナンスへ、ビットコインを送金します。

    チェックポイント

    操作を間違えるとコインロストします

    必ず少額(3千円位)でテストしてから全額送金しましょう!

    Coincheckからバイナンスへビットコインを入金する手順です。

    バイナンスでビットコインの入金アドレスを確認する必要があります。

    バイナンスアプリを開き、「ホーム」画面のメニュー一覧から「入金」を選択。

    ビットコインのアドレスが表示されるため、入金用のアドレスをコピーします。

    入金のネットワークは、初期から「BTC」となっています。

    バイナンスウォレット選択
    ウォレットを選択
    ウォレット入金を選択
    仮想通貨を選択します
    ウォレットアドレスのコピー

    「送金と受取」タブを選択し、宛先へ先ほどコピーしたバイナンスの「BTC入金アドレス」をペーストします。

    送金するBTCの数量を入力し、「BTC送金」を押します。

    コインチェックのコイン送金
    送金先アドレスの登録
    コインチェック送金

    2段階認証画面になるので、二段階認証アプリに表示された6桁の認証コードを入力後、送金を押します。Coincheckでは、仮想通貨を送金するとき、二段階認証が必須です。

    スマホで二段階認証用のパスワードを生成できる標準アプリは「Google Authenticator」を利用します。口座開設時の2段階認証で利用したアプリです。

    Binanceでヘデラハッシュグラフをビットコインで購入

    binanceトレード
    BINANCEコンバート
    BINANCEコンバート

    BTCとHBARの両替する金額を入力後コンバートプレビューをクリック

    両替金額を確認し更新をクリックすると両替が完了します

    新型コロナウイルス関連で利用が開始

    へデラハッシュグラフはイギリス企業と提携し新型コロナウイルスのワクチン管理に利用している

    ワクチン管理に加え、コロナウイルスの感染状況やトレンドに関する情報を提供するツール「Acoer Coronavirus Tracker」でも、ヘデラ・ハッシュグラフの技術が利用されている。

    このツールはブロックチェーン企業「Acoer」が開発しています

    実用化の面でもヘデラ・ハッシュグラフの優位性が証明されています

    アメリカがデジタル通貨として採用するかも

    アメリカは現在、中央銀行のデジタル化に注力しており、デジタルキャッシュの実現化に向けてプロジェクトを進めています。

    中央銀行のデジタル化に向けたプロジェクトを進めるEMTECH社とへデラ・ハッシュグラフは公式パートナーになっています

    EMTECHCEOのCarmelleCadetが、米国下院でブロックチェーンと中央銀行のデジタル通貨の将来について証言

    プロジェクトの一部にヘデラ・ハッシュグラフが採用されれば大きな成長が期待されます

    チェックポイント

    中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)の略称。中央銀行や通貨当局が発行するお金の形態のことを意味します。

    Twitter口コミ

    計算機で、@dovuofficial は、誰もが自分が炭素負債として何キログラムまたは何トン(スーパーユーザー)炭素を排出したかを把握できるツールを作成しました。

    — ヘデラ・ハッシュグラフ公式 (@hederajapan) July 6, 2021

    @CalaxyApp#ヘデラ 上で動作し、Hedera Token Service を使用しています。ヘデラ は ブロックチェーンの分散型台帳で、高い取引量を誇ります。Calaxy が @ethereum ではなくヘデラの #DLT を採用したのはそのためです。」

    — ヘデラ・ハッシュグラフ公式 (@hederajapan) July 5, 2021

    まとめ

    ヘデラハッシュグラフは環境にやさしくイーサリアムに取って代わるかも

    まだ注目が集まっていない今がねらい目

    今のうちにはじめてみませんか

    仮想通貨取引をするのにセキュリティ対策も重要です

    スマホでの取引やフリーWi-Fiをよく使う場合はVPNを検討してみてください

    詳しい説明はコチラです

    タイトルとURLをコピーしました