APENFTが無料でもらえるエアドロップ日本時間2023年6月10日21時まで継続

投資

APENFTがTRXなどの保有者にエアドロップ

2023年6月10日までAPENFTのエアドロップが継続されます。

TRXを持っているだけでも自動でもらえます

この記事で、エアドロップの条件が解ります

公式サイトの発表資料

エアドロップの条件

条件1 次の仮想通貨を1種類でも持っていれば自動的にもらえる
  • TRC20規格のBTC

  • TRC20規格のETH

  • TRC20規格のTUSD

  • トロン(TRX)

  • ビットトレント(BTT)

  • JUST(JST)
  • 条件2  APENFTのエアドロップ参加には、最低保有数量以上の保有が必要。
  • 0.0002 BTC

  • 0.003 ETH

  • 7 TUSD

  • 100 TRX

  • 2,000 BTT

  • 100 JST
  • 条件3 保有仮想通貨ごとの配分比率
  • BTC:3%

  • ETH:3%

  • TUSD:4%

  • TRX:40%

  • BTT:30%

  • JST:20%
  • 条件4 取引所がエアドロップに対応している必要がある
    ・Binanceはエアドロップに対応

    条件5 配布は2年間毎月継続 
  • 2021年6月10日21時に、9,999,900,000,000 NFTをエアドロップ

  • 2023年6月10日21時まで、毎月10日に合計1,666,650,000,000 NFTをエアドロップ
  • APENFTエアドロップの特徴

    今回のエアドロップは2年間継続して行われていることです。

    通常のエアドロップは1回限りが多いためすぐに忘れ去られてしまします。

    しかし、APENFTのエアドロップは2年間継続して行われるので、仮想通貨を広めるには有効な施策です。

    TRXなどのコインを長期保有するのもアリかもしれません

    日本の取引所は対応しているのか

    日本の取引所で、TRXを扱っているのはBIT POINTです。

    しかし、配布されるAPENFTを扱っていません。

    仮想通貨取引所の口座を開設する

    ビットコインなどの仮想通貨を買うために、口座開設をしてください

    口座開設はスマホで可能です。

    運転免許証などの本人確認書類があればOKです。

    手数料無料で開設できるので、すぐに開設しましょう。これがないと始まりません。

    初心者にオススメなのは、Coincheckです。

    ビットコインは小数点以下で購入できるため、数百円から購入できます。

    積み立て機能もあるため、価格の上下が激しい仮想通貨には適していると思います。

    ドルコスト平均法(一定額を定期的に購入することで、価格が上昇したときは、少なく、下落したときには、多く購入できるので、リスクを分散できる) 無料口座開設はコチラから

    ビットコイン積み立て投資の方法

    コインチェック

    Binanceの口座を開設する

    coincheckで国内取引所を開設したら、日本円でビットコインを購入します。

    ビットコインを購入するだけであれば、ここで完了です。

    Binanceにこちらから登録すれば手数料が10%OFFで利用できるようになります。

    Binance(バイナンス)公式サイトはこちらから

    DeFiを利用するためには、Binanceの口座開設が必要です。

    海外の口座ですべて英語です。(Binanceは日本語対応しています)

    Binanceでは、多くの仮想通貨の購入が可能です。

    Binanceの口座を開設することで、国内取引所では、扱っていない通貨を取引します。

    ここで、問題になるのがBinanceは日本円に対応していないことです。

    なので、国内取引所で日本円からビットコインを買い、そのビットコインをBinanceに移す作業が必要になります。

    APENFTとは

    APENFTチャート

    チェックポイント

                 APENFTは、NFT銘柄  

    APENFTは、世界クラスのアートワークをNFTとしてブロックチェーンに登録することが目標

    APENFTは一流のアーティストとブロックチェーンの間に架け橋を築き、ネイティブの暗号NFTアーティストの成長をサポートすることを目指して設立

    トップアーティストやアート作品をNFTに変えることで、アーティストのサポートを行いNFTを普及させることを理念としています

    まとめ

    TRXを保有してAPENETをもらいましょう

    エアドロップを利用するには、Binanceがオススメ

    APENETは、NFT銘柄今後の伸びに期待して、保有するのは夢があっていいかもです

    NFTの購入方法、マーケットプレイスについて解説しています

    タイトルとURLをコピーしました