サーチコンソールの導入方法【ブログ運営に必須の被リンク件数を確認しよう】

サーチコンソールの導入方法 被リンク件数を確認しドメインパワーを向上しよう

サーチコンソールはサイト運営する上で重要な情報を提供してくれます

手順通り行えば簡単に設置できます

サクッと終わらせてしまいましょう

目次

サーチコンソールの設置方法

のぼる
のぼる

20分程で設置できます

図解を見ながら一緒にやりましょう!

サーチコンソールに登録する

Google Search Consoleへアクセスします

「今すぐ開始」をクリックします

Googleアカウントを持っていない方はアカウント作成をクリック

Gmailを使っている方はGoogleアカウントを持っていますよ!

既にグーグルアカウント(gmail等で使ってるアカウント)を持っている方は

「メールアドレス」または「電話番号」を入力して、「次へ」をクリックしてください

パスワードを入力し、「次へ」をクリックします

以上でサーチコンソールの設置は完了です

サーチコンソールにサイトの情報を設定する

サーチコンソールへログインすると、プロパティの追加を求められます

登録したいサイトのURLを入力し、「プロバティを追加」をクリックします

「URLプレフィックス」の方に登録するサイトのURLを入力し、「続行」をクリックしてください

グーグルアナリティクスの設定手順

グーグルアカウントにログイン (サーチコンソール設置の時に作っています)

ログイン画面になるので、グーグルのアカウントでログインしてください(既にログインしてる場合は次へ)

グーグルアカウント(gmail等のアカウント)を持っていない方は「アカウントを作成」ボタンを押してアカウントを作成してください

既にグーグルアカウント(gmail等で使ってるアカウント)を持っている方は

「メールアドレス」を入力して「次へ」をクリックしてください

「パスワード」を入力して「次へ」をクリックしてください

すると上記のようにGoogleアカウントの機能追加に関するポップアップが表示されるので、

「同意します」をクリックしてください

グーグルアナリティクスへ登録

Googleアナリティクスへアクセスします

無料で測定をクリック

サイト情報の入力画面になります

項目 説明
アカウント名現在登録しようとしているアカウントの名前を入力します。
一つのアカウントで複数のサイトを分析できるので、ウェブサイトの名前とは別の名前にしましょう。
アカウントのデータ共有設定GoogleアナリティクスのデータをGoogleと共有するか、設定できます。すべてにチェックでよいでしょう

その下の「次へ」をクリックします

項目説明
プロパティ名登録するサイト名前を入力します
レポートのタイムゾーンン日本を選択します
通貨日本円を選択します

ここでは[次へ]ボタンを押さず、[詳細オプションを表示]をクリックします

次へをクリックします

Googleアナリティクス4プロパティ(GA4プロパティ)と、ユニバーサルアナリティクスプロパティ(UAプロパティ)とでは、Googleアナリティクスの分析画面や計測方法が大きく異なります。また、アクセス解析ツールやWordPressテーマの多くは、GA4プロパティに未対応です。GA4プロパティからUAプロパティへ切り替えることもできません。そのため、現時点ではGoogleアナリティクス4プロパティと、ユニバーサルアナリティクスの両方を作成します

続いてビジネス情報を入力します

項目説明
業種ウェブサイトの業種を選択します。業種によってコンバージョン設定のプリセットが変わるので、正しく設定しましょう。
ビジネスの規模会社の規模を選択します。
利用目的Googleアナリティクスで利用する予定の機能を選択します。

[作成]ボタンをクリックすると利用規約が表示されます。利用規約に同意するとGoogleアナリティクスの登録が完了です。

「Googleアナリティクス利用規約」が表示されるので、

「日本」を選択し、「GDPRで必須となるデータ処理規約にも同意します」にチェックを入れます

その後下にスクロールして、

「私はGoogleと共有するデータについて、「測定管理者間のデータ保護条項」に同意します」にチェックを入れ

「同意する」をクリックします

すると自動メール配信のポップアップが表示されます

そのままチェックせずに「保存」をクリックしましょう

Google Analyticsのタグを発行する

まず事前準備としてGoogle Analyticsのタグの発行が必要です。

Google Analyticsのサイトにアクセスし、「お申し込みはこちら」を押してください。必要項目を記入しアカウントを発行します。

入力画面では、主に下記の項目を入力します。

  • 【アカウント名】:任意の名前を入力
  • 【ウェブサイトのURL】:Google Analyticsを設定するサイトのアドレス
  • 【タイムゾーン】:日本を選択
  • 【職業】:登録するウェブサイトの内容と関連する業種を選択

入力が完了すると、「アナリティクス設定」のタブからトラッキングIDとトラッキングコードが取得できます。

測定IDが表示されます

WordPressに貼り付けするので開いたままにするかコピーしておきます

トラッキングIDコードをサイトに設置する

あとは先ほど表示させたIDコードををサイトに設置すれば作業完了です

「COCOON」における、トラッキングコードの設定方法

ワードプレスの管理画面にログイン

「Cocoon設定」をクリックします

「アクセス解析・認証」タブをクリック

下にスクロールしていくと

「その他のアクセス解析・認証コード設定」欄があります

この欄の「ヘッド用コード」に、先ほど説明したこちらのコードをコピーし、貼りつけます

その後下にスクロールして「変更をまとめて保存」をクリックして設定完了です

アナリティクスの設定が完了したらサーチコンソールの設置作業は完了です

ブログ運営で重要な被リンクを確認しよう

のぼる
のぼる

検索で上位表示するためには被リンクが重要です。

ブロガー
ブロガー

被リンクってどうやって調べるの

のぼる
のぼる

サーチコンソールで被リンクの件数とリンク元が確認できます

図解で解説しているので一緒に見ましょう

Googleサーチコンソールを起動し左のメニューを下にスクロール 【リンク】を選択します

サーチコンソール画像
外部リンク
リンクをされているページと件数
内部リンク
サイト内の内部リンクのページを件数
サーチコンソール被リンク確認

【詳細】をクリック

サーチコンソールの被リンク確認
外部リンク件数
外部のサイトからあなたのサイトにリンクされた件数
上位ターゲットページ
外部サイトからリンクされているページ
参照リンク リンクされているサイト
リンク元の件数とサイト数
サーチコンソールの被リンク件数とページ

下にスクロールすると上位のリンク元サイトが表示されます

上位にリンク元サイト
あなたのサイトにリンクしている外部サイト
サーチコンソールの被リンク元表示

被リンクのリンク元を確認する事ができます。

被リンクは、ドメインパワーを向上されるための重要な要素の一つです

Googleの検索順位を上げるのには、被リンクの数を増やすのが重要です

被リンク営業の指標に活用しましょう

サーチコンソールのデータを利用しよう

サーチコンソールはブログを運営する上で必要なデータを提供してくれます

アクセスの少ない初心者にはあまり必要ないと思うかもしれませんが、データを蓄積する上でもできるだけ早い段階に導入しましょう

\ 迷ったらConohaWINGにするのがオススメ /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる